子どもをキッズモデルにする┃事務所に加入してみよう

アマチュアのモデル

女性

自分のアピールポイントを

努力はもちろん必要ではあるが、それ以上に優れた容姿を持っていることが重要なファクターである仕事があります。それは、モデルという職業です。モデルの業界は競争が激しく、なりたい人間がしのぎを削っています。そんな激しい業界ですが、素人がモデルとして活躍できる場があるのです。それが読者モデルという立場になります。プロの専属モデルとは違い、アマチュアの立場で読者の代表の読者モデルなのです。特にファッション雑誌などでは、OLや女子大生の肩書を持った女性が採用されています。アマチュアという立場の読者モデルですが、プロのモデルと同じく撮影もあるのです。ギャラも発生はしますが、人気次第なところがありますので、最初は低くても耐えるしかありません。雑誌によっては、公募しているところもあるのです。自分のチャーミングポイントを、しっかりと把握しPRすれば道は開けるかもしれません。

モデルとしての新ルート

読者モデルからプロのモデルや女優へと転身したという例もあることから、夢を見る女性が増えています。確かに仕事や学校に通いながらでもできるので、もしもの保険的な意味でも安心できるモデルとしてのルートへの一つです。しかし、雑誌や映像で大勢の人に見られるということは、ある程度の有名税がかかることも覚悟しなければなりません。つまりあまり親しくない人でも、雑誌を見たことから親近感を持たれてしまうのです。このこと自体は、人脈が広がり仕事も増えるかもしれないので、プラスにつながることもあります。誰も彼もが良い人とは限りませんが、悪党とも限りません。思い切って飛び込んでみるのも、良い経験になるでしょう。プロのモデルとは違い、普段の顔のままが重要な読者モデルなので、比較的わかりやすいのです。身近な人からも、応援してもらえるように普段から人との接し方には、気を付ける必要があります。